車のこだわり

昭和61年創業。地鶏へのこだわりと最大限に旨味を引き出す調理法

「宮崎の地鶏を食べてもらったら、みんな喜ぶのにねぇ」そんな一言がきっかけで誕生した宮崎地鶏炭火焼「車」
昭和61年創業・鶏料理専門店ならではの「味のこだわり」をご紹介します。

 

炭の香りと鶏の旨みを逃さない製造方法を追求

炭

串に刺さずに1口サイズにカットした鶏肉を
炭の炎で包み込む様に焼き上げるのが
宮崎地鶏炭火焼「車」の最もポピュラーな焼き方。
少しでも焼き時間や行程を間違うと、焼きムラが出たり、
地鶏本来の旨みが損なわれます。
長い年月をかけて築き上げた「車」の味と技術を、
お店で提供する状態に極限まで近づけ、自宅で楽しめる「お取り寄せ」として再現いたしました。

職人による 「手切り」と「手焼き」のこだわり

機械で切った鶏肉を機械で焼くだけでは、肉の大きさが不均一で、焼き加減にばらつきが出る上に炭の香ばしさも損なわれてしまう。
そこで技術をもった宮崎の職人さんに思いを伝え、「手切り」や「手焼き」を実現。
また、もも焼きの美味しさは「車」特有の調理法(炎を高く舞い上げ、一気に焼き上げるという非常に難度の高い焼き方)から生まれます。
厳選した2種類の炭を配合し、焼台の高さなど細やかな調整により
お召し上がりいただく時にも炭の香りとしっかりとした肉厚をお楽しみいただけます。

「神楽とり」とは?

神楽とり説明 

「車」の鍋料理を「お取り寄せ」でも再現

鍋料理も「車」を代表する人気商品です。
水炊きの鶏の旨みをたっぷり凝縮し、気付けば飲み干してしまうほどクセになるスープのコク・味わいを再現。
白ポン酢のまろやかで上品な香りもお楽しみいただけます。
鶏もも肉のしゃぶしゃぶは炭火で表面を軽く炙り、旨みを閉じ込めた香ばしさ際立つ、他店ではなかなかお目にかかれない逸品。
ピリ辛のスープは製造途中にも一定時間おきに味を見て、何度も調整を繰り返し、やっとの思いで完成した商品です。

鶏しゃぶしゃぶ

「自宅でも楽しめる」自信の商品が出来上がりました

私たちはお店の味を再現するため、研究を続けています。
長年の夢であったオンライン販売を全国規模で展開できることに感謝し、
今回、ご協力いただいた専属養鶏所の皆さん、製造者の皆さんに、心より御礼申し上げます。